映画「この世界の片隅に」を見ました
IMG_9633
評判通り、すごくよかったです。
太平洋戦争前から戦後にかけての、広島や呉を舞台に、普通の人たちの普通の生活を、無理な抑揚をつけず、いい意味で淡々と描いています。
そして、人の強さと人の弱さを、ちょっと淡いタッチの作画が引き立てます。
音楽もいい感じに盛り上げてくれます。
「君の名は」もアニメの可能性を広げましたが、この作品も正反対の方法で、アニメの素晴らしさを伝えてくれます。 

呉港の空母の数を減らすことで敗戦への道を表現したり、戦艦大和と戦艦武蔵が同時に停泊しているレアなシーンを描いたり、ほんとに凝りに凝っております。